Blog

【メディア掲載】「鶴岡邸」新建築住宅特集2021年8月号

気鋭の建築家 武田清明さんによる建築設計、乙庭が植栽設計をさせいただいた「鶴岡邸」(2018)が、新建築住宅特集2021年8月号 特集「庭」に掲載されました。 ^^ https://www.instagram.com/p/CReKiZrrdyj/ なんと表紙! 本紙面でも「鶴岡邸」関連記事14ページ、巻末特集「現代の造園家6人」で、私 太田敦雄の紹介記事を3ページに渡り大きく取り上げていただきました。^^ 新建築住宅特集は毎年8月号が「庭」特集なのですが、今回初めて掲載していただき、初登場で表紙および誌面でも大々的に取り上げていただき、本当にうれしいです! 人生の記念になりますね。   新建築.onlineのYoutubeチャンネルでも、写真家 浜田昌樹さんによる素敵な動画が公開されていますよ。 本作「鶴岡邸」は、武田さんの独立デビュー作で建築賞「SDレビュー2018」で鹿島賞(グランプリ)を受賞した作品「6つの小さな離れの家」に続いて、乙庭が植栽を担当させていただいた案件です。2019年から設計を開始し、コロナ禍などの影響もあり、工事開始が遅れたり、工期が延びたりなどの影響もありましたが、最終的には激・素晴らしい建築になりました。^^ 植栽設計でこのような素晴らしいプロジェクトに参加させていただき、本当に光栄です!   詳しくは新建築住宅特集2021年8月号をご覧くださいませ。^^ amazon(アマゾン) 楽天ブックス   では、ここでひと息、この記事を書きながら聞いているBGMを ^^ オリヴィエ・メシアン作曲 「幼子イエスに注ぐ20の眼差し (Vingt Regards sur l’Enfant-Jésus )」を、作曲者の妻であり本曲を献呈され初演したピアニスト、イヴォンヌ・ロリオ=メシアンさんの演奏で。 ^^ amazon(アマゾン)   1. 父の眼差し 2. 星の眼差し 3. 交換 4. 聖母の眼差し 5. 子を見つめる子の眼差し 6. それに全ては成されたり 7. 十字架の眼差し 8. 高き御空の眼差し 9. 時の眼差し 10. 喜びの聖霊の眼差し 11.

【ライフスタイル】Shigeru Kawai SK-5 オーナーズプレートが届きました ^^

今年6月にKAWAI楽器さんの上位シリーズグランドピアノ 「Shigeru Kawai 」を購入したのですが、この度 Shigeru Kawaiのオーナーだけに送られる「オーナーズプレート」が届きました 。 ただピアノを買ったというだけでなく、「オーナーシップを得た」特別感あるサービスでステキですね。^^ https://www.instagram.com/p/CTEUE32r1T0/ ついでにKAWAIさんの工場選定の際にいただいたグランドピアノ型のコースターも金色に塗って乙庭新社屋仕様にしちゃいました(↑インスタ記事写真3枚目参照 ^^)。 2021年に入ってから、ピアノのお友達を乙庭新社屋にお招きすることが増えたのですが、みなさんピアノのある2階の空間を気に入ってくださり、なにげに人気スポットの手応えを感じています^^; https://www.instagram.com/p/CI8Hz5KAMro/ ↑の動画で弾いている、以前使っていたYAMAHAさんの小さいサイズの中古グランドピアノも愛着があったのですが、以前住んでいた小さい部屋に合わせて選んだピアノなので、2020年末くらいから新社屋の空間に合わせたピアノに買い替えたいなーと思い、少しずつリサーチしていました(YAMAHAさんのピアノも元取れる以上にめっちゃ弾きました ^^;)。 3階建ての乙庭新社屋の全ての床を私が手描きで着彩しているので、なかなか進捗が遅く、建築作品としてはまだ完成していないのですが、完成後にはこの色彩感あふれる空間をミニコンサートやスタジオレンタルなどもできるようにしたいと思い、事業的な展開も含めての新たな未来への投資です。 https://www.instagram.com/p/CLjiKXpgGN8/ そんな折、ピアノを師事している笠原智廣先生とピアニストの安嶋健太郎先生が遊びに来てくださり、なんと!安嶋先生がこの空間に合わせて、激・ステキなドビュッシーを弾いてくださったんですね。その時、やはり小さいサイズのピアノの音の限界を感じまして、「ピアニストが遊びにいらしてもストレスなく快適に弾ける」ピアノに入れ替えようと確信を深めました。 自宅にピアニストが遊びに来て演奏してくれるなんて、文化的なサロンぽくてステキな日常じゃないですか ^^ 笠原先生からは「スタインウェイも含めていろいろなピアノを弾いて選んでみてくださいね」とアドバイスいただき、スタインウェイやベーゼンドルファー、YAMAHAの高級ラインなど、新品・中古も含めリサーチ&いろんな個体を試弾しました。 その結果、一番「乙庭新社屋らしいな」と私自身インスピレーションを感じた Shigeru Kawai の 長さ2mタイプ SK-5に機種を絞り込みました。 楽天市場   スタインウェイのピアノは音のキラキラ感が素晴らしく、演奏自体のクオリティもピアノ自体のチカラでアップグレードしてくれる印象があり絶対的な安心感があるのですが、その磐石の安心感が逆に乙庭新社屋のピアノとしてはちょっと刺激に欠けるように感じました。 Shigeru Kawai は、スタインウェイの音とはかなり対照的に、まろやかで芳醇な落ち着いた音を奏でてくれる印象です。例えるならシャンパンとブルゴーニュの赤くらいの違いといいましょうか。弾き手の演奏をグレードアップしてくれる感のあるスタインウェイに対し、Shigeru Kawai はピアノの個体潜在力を演奏者が引き出さないといけない感じがあり、ちょっと個性の強いピアノなのですが、私的にはそこがとても奥深く・面白いなと思いました。   ここでひと息、今日のBGM。この記事を書きながら聞いている音楽をご紹介します。 ミハイル・プレトニョフさん(Mikhail Pletnev 1957-)演奏によるアルバム「ラフマニノフへのオマージュ(Hommage a Rachmaninov)」です。ルツェルンのラフマニノフ旧邸で、彼が所有していたピアノを弾いての録音で、ラフマニノフが生前好んでいた曲を集めたアルバムです。ラフマニノフ「コレッリの主題による変奏曲」、ベートーヴェン ピアノソナタ第26番「告別」、ラフマニノフ

Instagram

Atsuo Ohta