Blog

web連載 「ACID NATURE 乙庭Style」新着記事! 冬庭でも重宝する、ちょい和風な新感覚常緑樹

植物や庭から広がる心豊かな暮らしを提案するステキなweb情報サイト「gardenstory」にて2018年8月から月2・3本のペースで書かせていただいているACID NATURE 乙庭の連載記事、「ACID NATURE 乙庭Style」の2019年最初の記事が公開されました。 https://www.instagram.com/p/Bsao5MMnLfr/ 今回は、乙庭でも、アガベやオージープランツなどデザイン性の高いオーナメンタル素材とあえて組み合わせて、新しい観賞価値の再発見を提案している、和風樹木の技ありカラーリーフ品種をご紹介しています。 花や緑の少ない冬の季節にも彩りを提供してくれて、重宝する素材ですよね。 (上写真)トロピカル風味の植栽にも違和感なく似合うヒメタイサンボク ‘マッティ・メイ・スミス’ Magnolia virginiana var. australis 'Mattie Mae Smith' 本記事では、乙庭なりの攻めの切り口で、ジャノメマツや赤葉ツツジ、クチナシ‘黄金の華’など、乙庭でも植栽に好んで使う、「見方を変えればかなり新感覚」な品種を取り上げています。 詳しくはこちらの記事をお読みくださいませ ^^ 乙庭Styleの植物6 「冬庭でも活躍する技アリ素材、和を感じるカラーリーフ常緑樹 10選」 なんとなく、園芸の世界では「イマ風」と「伝統的」、「和風」と「洋風」みたいな線引きがいまだ根強くあるように思うんですね。植物それ自体は、出身地などは違えど、自分のことを「イマ風」とか「和風」とか思ってないでしょうね。 そういうカテゴライズしたモノの見方自体、人間が後付けしたただの意味付けであり、それが植栽の発想や創造の過程において見えない壁になってはいないでしょうか。 (上写真)メキシコ原産のレアなオーナメンタルプランツ ダシリリオン・ウィーレリー Dasylirion wheeleri  と赤葉ツツジを組み合わせた植栽例。 みんなが暗黙の了解にしている「カテゴリー」の壁をいったん取っ払って、自分目線で「カッコいい」と思えるように、そしてその場所の環境に合うように植栽を組み立ててあげることで、その人らしく、その人にしかできないオリジナルの植栽空間を生み出すことができると思っています。 人マネして安心な人生よりも、ちょっとリスキーだったり勇気が必要だったとしても、自分らしくありつづける人生の方がエキサイティングで悔いが残らないですよね。   (上写真) Suppose design office  設計によるスタイリッシュな住宅の植栽に象徴的に組み込んだ斑入りのキョウチクトウ。先端的デザインの建築と昭和的なる植物。イメージのギャップ大きく組み合わせることで、双方の存在感が際立て合っているでしょう。 「 自分の内なるものも外なるものも、見ているものを変える必要はない。 ただ見方を変えればいいのだ。」 (タデウス・ゴラス 作家 1924 – 1997) なまけ者のさとり方 PHP文庫   私、ACID NATURE

2018 新商品! 乙庭 Organic Fertilizer from Ocean ^^

今回は、遅ればせながら、2018年1月に発売した、オーストラリア・南アフリカ原産のネイティブプランツ栽培にもご使用いただける、リン酸含有量が少なく、天然のアミノ酸やミネラル分を豊富に含んだ海藻原料の有機質肥料 乙庭 Fertilizer for from Ocean   をご紹介します ^^ 2018年1月に発売したリン酸無配合の化成肥料 乙庭 Fertilizer for Native Plants に続く、リン酸を嫌うネイティブプランツ向けのお手頃な肥料をお探しの方へのソリューションアイテムですよ♪ ここ数年 乙庭オンラインショップでは、プロテアやリューカデンドロンなど南アフリカ原産オーナメンタルプランツや、バンクシアやグレビレアなど他の大陸の植物にはないような独自の不思議造形に進化したオーストラリア原産のネイティブプランツなどをガーデン植栽に取り入れたく、積極的にご紹介・導入しています。 これら南半球原産のネイティブプランツは、乾燥ぎみの環境にも耐え、ローメンテナンスかつオーナメンタルで装飾的な魅力に富むことから、日本の温暖地のガーデニングでも新感覚の庭植え素材として、とても有望ですよね ^^ 上写真:グレビレア エレガンス Grevillea 'Elegance' 乙庭の店頭植栽にも導入し、栽培実験も兼ねて屋外管理でこれらの植物を栽培しておりますが、多くのものが冬の極端な寒さ、夏の極端な長雨を除けば、性質も強めで比較的手間いらずに育てられます。忙しい都会人のライフスタイルにもマッチすると思います。 日本でこれらの植物を栽培するにあたり、唯一、そして大きく気になるポイントが肥料の与え方。ネイティブプランツの中にはリン酸系肥料に弱いものもあり、肥料の与え方には注意が必要となります。これらの植物の原産地では土壌に肥料分特にリン酸分が極めて少なく、そのような環境で進化を遂げてきた植物の中には、リン酸肥料が体質に合わず、リン酸を含む肥料を与えると一気に不調になり、枯れてしまうものもあります。特にプロテアやセルリアなどは、とてもリン酸分に敏感です。 写真左:プロテア ミニキング Protea cynaroides 'Mini King' 写真右:オーラックス ブロンズヘイズ Aulax cancellata 'Bronze Haze' 庭で他の一般の植物と組み合わせて植える場合も、地続きですから、ネイティブプランツにリン酸の悪影響を出さないように、どのようにお庭全体に施肥をしたらよいかか、実際のガーデニングでも頭を悩まされている方も多いことと思います。 日本の園芸市場では、ガーデニング向けの市販肥料は肥料の3要素といわれる、窒素(N)-リン酸(P)-カリ(K)をバランスよく配合したものが主流で、リン酸を含まない肥料がなかなか見つからないのが実情です。 南アフリカやオーストラリアのネイティブプランツは原生地の土壌自体がもともとやせ地ぎみであるため、リン酸のみならず全体的に多肥を好まない傾向があります。日本では、通常のガーデンプランツのようにリン酸肥料を与えて弱らせてしまうよりは、むしろ施肥をしない方が安全と言われますが、これは、日本の市場ではネイティブプランツ栽培に適切な肥料を見つけるのが難しいことを背景とした、消極的な方法論といえるでしょう。 ネイティブプランツも栄養を吸収して育つ生き物です。適切な肥料を量や成分を見極めて的確に施すことで、より元気よくしっかりと育ててあげたいですよね。 乙庭 Fertilizer for from

Instagram

Atsuo Ohta