Blog

【乙庭SHOP】レアプランツの輸入種子が到着!早速タネまき作業 ^^

海外のナーサリーから、今季新導入のいろいろ珍しい植物の種子が入荷しました!^^ 非耐寒性コーデックスなどのいわゆる「ビザールプランツ」ではなく、温暖化しつつある日本でも庭植えできそうな、屋外での新感覚植栽志向のセミトロピカルプランツを中心としたセレクトです。 https://www.instagram.com/p/B8EW3nMFsS_/ ほとんどが、日本国内では苗の流通が皆無か、あってもごくわずかなもの。特に今期入荷の種子は、乙庭でも過去に取り扱ったことのない新導入のものも多いので、まだ植物名は秘密にさせていただきますね。とはいえ、種子を見るだけでも大きさや形にも多様性があり、面白いですね。^^ 一部の種は乙庭オンラインショップでも種子で販売予定なのでどうぞお楽しみに!   植物や庭から広がる心豊かな暮らしを提案するweb情報サイトGarden Storyでの私の連載、「ACID NATURE 乙庭Style」でも2回シリーズで掲載したのですが、真冬の安定して暖かい室内環境を利用してこれらセミトロピカルプランツの種まきすることを、乙庭でも実践しています。 Garden Storyの記事2編はこちら↓ ぜひ、本記事と併せてお読みくださいませ ^^ 暖かく過ごす冬の園芸作業! 夢も広がるセミトロピカルレアプランツの種まき 概要編【乙庭Styleの園芸1】 暖かく過ごす冬の園芸作業! 夢も広がるセミトロピカルレアプランツの種まき。実践編【乙庭Styleの園芸2】 これら温暖地原産の植物の実生栽培は、春〜夏まきが一般的なのですが、春まきだと他の園芸作業と忙しい時期が重なって大変だし、初夏以降は暑さや蒸れで、芽出し〜極小苗の時期の管理が難しいんですよね。 現代では、LED電球も良いものが普及していますし、住宅性能の向上で冬でも安定して暖かく過ごせますので、ガーデニング的には比較的ヒマな真冬の時期に、暖かい屋内で、温暖地系植物の実生苗作りするのは理に叶っているのではないでしょうか。 乙庭新社屋でも、ショップの照明と植物の育成や徒長防止も兼ねて、上写真の植物育成用LED電球を導入しました。見た目も結構カッコいいですよ。 こちらの商品です↓ LED PlantLight 18W 植物育成使用 白色電球 E26 白色電球とのことですが、点灯すると上写真のように少し赤みの暖色を帯びた光です。むしろ温かみのある光色で、普通にご家庭で使用しても違和感ないと思います。^^ 2020年度からは、このLEDライトと、改装前からある床暖房設備の熱をフル活用して、真冬の種まき〜苗作りをしています。 冬の間に状態の安定した小苗にまで育てておくと、春以降の暖かい時期をフルに活用して屋外で大きく育て上げることができますよね。 ↑2019年12月に種まきしたプヤ・アルペストリス Puya alpestris の1ヶ月経過時の様子。安定した屋内の環境下でほぼ全数芽吹いています。 あと、今回のガーデンストリーへの投稿意図としては、「冬の園芸は寒くツラいけど、我慢して冬作業を乗り越えることで良い庭ができる」みたいな努力根性論とは別の、「楽」を肯定する選択肢を提示したかったんですね。 それなりに冬の寒い外作業も必要ですし、夏の猛暑や大雨、植物が枯れたりなどなど、園芸って冬だけでなく年中それなりに体力・耐力・努力を必要とします。でも、何事も楽しく長く続けるためには、毎日がキツくならないように負荷を軽くすることも大事ですよね。 わざわざ、冬の寒い時期に毎日外作業で冷たい土と格闘するばかりでなく、気密性の高い暖かいお部屋で植物の芽吹きをいち早く・快適に楽しむ。 そんな、現代の園芸家ならではの特権を享受したってよいのではないかなと思うのです。 ちなみに今回の種子は、本来ですと2019年末には届く予定だったのですが、海外種苗業者の「日本人の感覚からすると」激・長いクリスマス休暇が間に入ってしまい、今ごろになっての到着となりました ^^; とはいえ、海外の業者さんとやりとりしてると、これくらいのことは日常茶飯事。大らかに受け流し、早速、春に向けて種まき開始です。 ↑やや三色弁当作りのような2020年版 乙庭のタネまきシーン。 乙庭では、多品種少量生産なので、省スペースも兼ねて市販のフードパックを使って、とてもコンパクトな規模でタネまき作業をしています。たぶん一般の家庭園芸でも応用しやすいスケール感でしょう。 乙庭流のタネまき栽培の要領について、上記 Garden Storyの記事に詳しく書いてありますのでご参照ください ^^   ここでひと息、今日のBGM。この記事を書きながら聞いている音楽をご紹介します。 今日は最近、気になっていていろいろな盤をチェックしているポストクラシカルミュージックの作曲家、マックス・リヒター(1966-)さんによるヴィヴァルディ「四季」の再構成、「RECOMPOSED BY MAX RICHTER: VIVALDI FOUR

【ライフスタイル】乙庭版 ネブライザー式アロマディフューザー用の運用レシピ

2019年7月に、乙庭は、以前の店舗があった群馬県高崎市から、お隣の前橋市にある、私の実家をフルリノベーションした新社屋に引っ越しました。新社屋1階が乙庭SHOP兼オフィス、2階が私の住居兼乙庭のエグゼクティブオフィスフロアー、3階が私のプライベートスペースになっています。 https://www.instagram.com/p/BzItj_ql46I/ 新社屋では植物のことだけでなく、植物に関連した生活スタイルや、庭や建築・インテリアなど空間的なこと、健康や知性につながる生活習慣のことなどなど、いろいろ書いています。 https://www.instagram.com/p/B8AgaGsFSRU/ 今回は、1月のお買い物アイテム、ネブライザー式アロマディフューザーの続編です。 ネブライザー式アロマディフューザー、とてもアロマ拡散効果が高く、気に入っているのですが、すでに調香されている市販のミックスオイルを使って運用すると、自分オリジナルの香りを楽しめないのと、毎回オイルをボトル買いして直付けしているとランニングコストがかなり割高になります。 そこで、私なりに工夫して、お気に入りの精油を数本常備しておけば、日々、自分の気分や体調に合わせて調香でき、ランニングコストを抑えて日常使いしやすいエッセンシャルオイルレシピを考案し、自分仕様にカスタマイズした形で利用しています。 そのレシピで購入後は問題なく使用できているので、私が実践している方法について書いてみたいと思います。あくまで私のオリジナル実験レシピなのでご参考まで。自分だけの香り空間を楽しみたいなと思っている方々へ、ヒントになれれば幸いです。 実際、私自身が試してみて、半月程度、全く問題なく快適に使えていますが、メーカーが推奨する使い方からは逸脱している部分もあります。実際に試す場合は自己責任でお願いいたします。ディフューザー故障などについては、一切責任負いませんのでご了承ください。 前回とカブりますが、私が購入したネブライザー式アロマディフューザーはこちら↓です。 amazon(アマゾン) 楽天市場 Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)     そして、上写真が本品の取扱説明書の抜粋です。 ピンクのマーカー部分、「エッセンシャルオイルは水溶性のものを使用してください」とありますが、そもそも原液のエッセンシャルオイル(精油)は、厳密にいうと「油」ではないですが、性質的には親油性・脂溶性なので、文章自体に矛盾があるように思え、ここでちょっと引っかかります。それに続いて無水エタノールで精油を希釈してもよい旨が記載されています。エタノールは水溶性で、かつ精油も溶けるので、エタノール希釈した精油のことを「水溶性のエッセンシャルオイル」と言いたいのかな、ということになりますが、写真の取扱説明文では、一般の方には理解しにくいと思いました。   そして、希釈倍率の エタノール:精油=1 : 1は、かなり濃いです。本品に付属のボトルは10mlですが、半分の5mlの精油を1回で使用するとなると、たとえば、ごく一般的に人気の高いベルガモットやゼラニウムでも10ml入り瓶で¥500~1000くらいしますから、1瓶を2回で使ってしまう計算です。 ちなみにエタノールと精油 1:1で希釈して試してみたところ、揮発がとても早く、3時間程度で10ml使いきってしまいました。乙庭では、1日4時間程度ディフューザーを稼働させるので、1日で精油代¥500前後かかる計算になります。価値観は人それぞれですが、私個人としては毎日続ける固定費としてはコストフルと思いました。   続いて、水色のマーカー部分、「故障の原因になるので精油に水を混ぜないでください」の一文。上で「水溶性のエッセンシャルオイルを使用してください」といいつつ「水を混ぜないで」といわれると、一瞬「どうしたらいいの?」って感じになりますよね。精油を水で直で希釈すると、脂溶性の精油は溶けないで分離してしまうため、上澄みの濃い精油がノズル詰まりの原因になるということなんですよね。でも、この取扱い書の文面だけでは、とても矛盾しているように感じられてしまいます。 なので、精油をいったんエタノールで希釈し、それを水でさらに希釈して試してみることにしました。分量はかなり違いますが、手順としては古典的なオーデコロンの作り方にヒントを得ています。少し水を加えることで、エタノールだけで希釈したときよりも格段に液減りのスピードが下がり、香りを保ちつつ、長時間楽しめるようになりました。いろいろ分量バランスを試した結果、現時点では下記のレシピで使用しています。ご参考になれば幸いです。 ※メーカー推奨ではない使用法になるので実際お試しの場合は自己責任にてお願いいたします。 【乙庭版 ネブライザー式ディフューザーの希釈エッセンシャルオイル分量(10ml)】   「材料」 無水エタノール(薬局で普通に購入可能) 6ml お好みのエッセンシャルオイル(精油) 1.5ml (30滴) 水(精製水なら尚良し) 2.5ml 「作り方」 ・無水エタノールにエッセンシャルオイルを入れてよくまぜる。 ・かきまぜながら水を少しずつ加えて希釈する(乳化して白濁しますが問題ありません) ※軽量には10mlのメスシリンダーと30、50mlの小さいガラスビーカーがあると便利です。 ※かきまぜにはガラス棒の使用が王道かと思いますが、私個人としては竹串や割り箸で十分です。 ※香りが弱いと感じるようでしたら、適宜精油量を増やし、その分、水とエタノールを減量します。 こう書くと元も子もないかもしれませんが、慣れてしまえば目見当でも大丈夫です。希釈オイル作りはあくまで手段であって、目的は、負担なく香りライフを楽しみ・継続することなので。 ^^ 上記の分量で、1日4時間の使用で3日以上使えます。4時間×3日=12時間と考えて、エタノール単用希釈よりも持続時間4倍になりました。一方、精油原液の使用量は2倍希釈の30%に減らしています。 1時間あたりの精油使用量に換算すると、2倍希釈のときと比較して7.5%の量で香りライフを楽しめます。およそ13.3倍の精油節約になりますし、ほぼ週2ペースで香りをチェンジできるので、これならコスト的にも作業的にも負担が軽く、且つ単調な香りに飽きることなく毎日続けやすいかなと思います。 ではここでひと息、今日のBGM。今、この記事を書きながら聴いている音楽を紹介します  ^^ アイスランドのポストクラシカル・あるいはエレクトロニカの作曲家、オーラヴル・アルナルズさん Ólafur Arnalds)のアルバム「Re:Member」(2018)とそこからのシングル2枚「Re:Member - Choir Versions」(2019)、「Re:Member - string quartets」(2019)をひとつのプレイリストにしてシャッフル再生しています。 amazon(アマゾン) 楽天市場 Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)   【収録曲】(アルバム「Re:member」) 01. re:member 02. unfold 03. saman 04. brot 05. inconsist 06. they sink 07. ypsilon 08.

Instagram

Atsuo Ohta