Blog

2018 新商品! 乙庭 Fertilizer for Native Plants ^^

今回は、2018年発売の新商品! リン酸無配合で南アフリカやオーストラリア原産のリン酸肥料を苦手とする植物にも安心してお使いいただける化成肥料 乙庭 Fertilizer for Native Plants をご紹介します ^^ リン酸を嫌うネイティブプランツ向けのお手頃な肥料をお探しの方へのソリューションアイテムでございます♪ ここ数年 乙庭オンラインショップでは、プロテアやリューカデンドロンなど南アフリカ原産オーナメンタルプランツや、バンクシアやグレビレアなど他の大陸の植物にはないような独自の不思議造形に進化したオーストラリア原産のネイティブプランツなどをガーデン植栽に取り入れたく、積極的にご紹介・導入してきました。 これら南半球原産のネイティブプランツ、乾燥ぎみの環境にも耐え、ローメンテナンスかつオーナメンタルで装飾的な魅力に富むことから、日本の温暖地のガーデニングでも新感覚の庭植え素材として、とても有望ですよね ^^  上写真:リューカデンドロン パープルヘイズ Leucadendron 'Purple Haze' 乙庭の店頭植栽にも導入し、栽培実験も兼ねて屋外管理でこれらの植物を栽培しておりますが、多くのものが冬の極端な寒さ、夏の極端な長雨を除けば、性質も強めで比較的手間いらずに育てられます。忙しい都会人のライフスタイルにもマッチすると思います。 上写真:リューカデンドロン レッドデビル Leucadendron 'Red Devil' 日本でこれらの植物を栽培するにあたり、唯一、そして大きく気になるポイントが肥料の与え方。ネイティブプランツの中にはリン酸系肥料に弱いものもあり、肥料の与え方には注意が必要となります。これらの植物の原産地では土壌に肥料分特にリン酸分が極めて少なく、そのような環境で進化を遂げてきた植物の中には、リン酸肥料が体質に合わず、リン酸を含む肥料を与えると一気に不調になり、枯れてしまうものもあります。特にプロテアやセルリアなどは、とてもリン酸分に敏感です。 写真左:プロテア ミニキング Protea cynaroides 'Mini King' 写真右:オーラックス ブロンズヘイズ Aulax cancellata 'Bronze Haze' 庭で他の一般の植物と組み合わせて植える場合も、地続きですから、ネイティブプランツにリン酸の悪影響を出さずにいかに庭全体に施肥をするか、実際のガーデニングでも頭を悩まされている方も多いことと思います。 日本の園芸市場では、ガーデニング向けの市販肥料は肥料の3要素といわれる、窒素(N)-リン酸(P)-カリ(K)をバランスよく配合したものが主流で、リン酸を含まない肥料がなかなか見つからないのが実情です。 南アフリカやオーストラリアのネイティブプランツは原生地の土壌自体がもともとやせ地ぎみであるため、リン酸のみならず全体的に多肥を好まない傾向があります。日本では、通常のガーデンプランツのようにリン酸肥料を与えて弱らせてしまうよりは、むしろ施肥をしない方が安全と言われますが、これは、日本の市場ではネイティブプランツ栽培に適切な肥料を見つけるのが難しいことを背景とした、消極的な方法論といえるでしょう。 ネイティブプランツも栄養を吸収して育つ生き物です。適切な肥料を量や成分を見極めて的確に施すことで、より元気よくしっかりと育ててあげたいですよね。 乙庭 Fertilizer for Native

2018 年頭のご挨拶など ^^

起 明けましておめでとうございます。2017年も ACID NATURE 乙庭 および、全くマメに更新できなかった本ブログをご愛顧いただき、ありがとうございました ^^  2018年も、懲りずにどうぞよろしくお願い申し上げます♪ ※今年こそは、ブログの更新をもう少しマメにしたいですね ^^; 初詣おみくじ大吉だった2017年は、初の自著「刺激的・ガーデンプランツブック」の出版や農場の移転など、乙庭的には大きな変化もあり、いろいろタイヘンでしたが、振り返って総括してみると、概ね目標も達成でき、大きく前進した一年でした。^^ これもひとえに、日頃からご愛顧くださっているお客さま、ご協力いただいている生産者さんや関係者みなさまのおかげと深く感謝しておりますm(__)m  引き続き、2018年もさらに意欲的に前に進んでいきたいと思っております。   承 元旦は、毎年恒例の榛名神社さんへの初詣!私的にはスピリチュアル的に欠かせないイベントでございます ^^ 榛名神社は榛名山の山奥にあり、山深く長い参道を歩いて行きます。平野部の高崎市街よりずいぶん寒いので、暖かい服装で行くのが賢明でございます。今年は、めちゃフサフサしたスヌード着用で参りました^^ https://www.instagram.com/p/BdZQzBPgsJi/?taken-by=acidnature0220   昨年は写真でのUPでしたが、今年は動画にて境内の様子をご紹介いたします。便利な時代になりましたね。^^ https://www.instagram.com/p/BdZeJGDA6YF/?taken-by=acidnature0220 榛名神社さんは、巨岩や古木、渓流など、まんまの自然が作り出す景観・奇観が圧倒的!境内の空気も凛と張りつめて清清しく、とても神々しいパワースポットです。 毎年の初詣では、前年に成したことや一年の抱負を報告・祈念し、気持ちをリセットしています。とてもひっそりした山奥に位置する神社なのですが、パワースポットとしても近年人気が高く、ここ数年は初詣もごったがえすような参拝客の多さです。 今年は、元旦の午前中早めに行きましたら、渋滞にもハマらず、スムーズにお参りできました。^^ 元旦の午前中は狙い目かもですね♪ 神社の本殿は御姿岩(みすがたいわ)と呼ばれる、落ちそうで落ちない微妙なバランスを保った岩に食い込んで建てられています。御姿岩は、神が降臨する・あるいは神本体であるとされる、榛名神社を象徴するたいへん神秘的な岩。今にも動き出しそうな巨大生物的な御姿で、神々しい威厳と畏敬の念を感じさせますね。   転 榛名神社初詣の後は、こちらも毎年お決まりコース!上州田舎料理 びくやさんで、名物の岩魚蕎麦を^^ https://www.instagram.com/p/BdZsWYYg-I6/?taken-by=acidnature0220 びくやさんも、長年、必ず元旦に訪れているなじみ店です。いつもてきぱきとお店のお手伝いをしている息子さんも、私が行き始めた頃には小学生くらいだったと思うのですが、すっかり大人になられて、なんだか歳月の流れを感じちゃいました ^^; びくやさんは、店内の囲炉裏で焼く岩魚や山女・鰍などの川魚料理や、榛名山で採取したホンモノの山菜料理など、他所ではなかなか味わえない本格的な上州郷土料理をいただけるお店です。 リアルジャパニーズトラディショナル古民家のお店の風情や、たいへんモクモクとスモーキーな店内の様子もアトラクション的で、海外からのお客さまにも喜んでいただけますよ。 ※服にスモーク臭がつきますので、すぐに洗濯できる服装で行かれることをオススメします ^^   結 2018年の初詣おみくじも昨年に引き続き大吉(3年連続)!幸先よくスタートいたしました ^^ (写真:20180101撮影) 「艱難辛苦汝を玉にす」といったところでしょうか。これまでの乙庭の歩みも、常にチャレンジで、大変なことや悔しいことなどいろいろありました。が、万象は同じ紙のどちらの面を見るかのようなもの。苦しい局面でも常に面白みや楽しさを見出すようにして乗り越えてきました。 というか、「辛い」「苦しい」「つまらない」というのは、外的要因ではなく、そのように事象を捉えている己の判断つまり内的要因によるものなんですよね。 常に楽しさを見出せる能力は、人生を有意義に・幸福に生き抜くための強さだと思いますね。 私的には、2017年の漢字「組」に続き、 2018年のキーワードを漢字一文字で「出」と決めておりました。 広く世界に目を向け積極的に外に出たり、本ブログや書物や写真・植栽仕事などを通じて内面世界をアウトプット(出力)する、というようなイメージですね。 乙庭を開業してからこの6年半は、主に私と乙庭副代表さまだけで意思決定や会社運営をしてきましたが、2017年はスタッフも増え、企業としての組織強化も進みました。2018年は、ガーデンデザイナーや園芸家の集まり、各地の生産者や庭園などに積極的に出るようにして、見聞や知識を深め、新たな植物・植栽へのビジョンを提示していきたいなと思っております。 強い意志と大局的視感を以って2018年も楽しく進んでいく所存です。^^   以上、起承転結形式でお送りいたしました♪     私たちは、大きいことはできません。 小さなことを大きな愛をもって行うだけです。 ザー・テレサ(Mother Teresa, 1910 - 1997)     私、ACID NATURE 乙庭 太田敦雄の著作本、 「刺激的・ガーデンプランツブック」(エフジー武蔵刊)、好評発売中でございます ^^ 乙庭オンラインショップで著者サイン入り版を販売しております😀 サイン入りのバージョンは乙庭オンラインショップでしか手に入りませんよ^^ 送料がかかりますが、植物苗といっしょにご購入いただく場合、 ⇒ 乙庭オンラインショップのページはこちら 本書だけをお求めの場合は、 amazonさんや楽天ブックスさんなどのネット通販か、全国の書店にて、ぜひ‼️✨✨ amazon(アマゾン) 楽天 Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング) セブンネットショッピング  

Instagram

Atsuo Ohta