Blog

2018 新商品! 乙庭 Organic Fertilizer from Ocean ^^

今回は、遅ればせながら、2018年1月に発売した、オーストラリア・南アフリカ原産のネイティブプランツ栽培にもご使用いただける、リン酸含有量が少なく、天然のアミノ酸やミネラル分を豊富に含んだ海藻原料の有機質肥料 乙庭 Fertilizer for from Ocean   をご紹介します ^^ 2018年1月に発売したリン酸無配合の化成肥料 乙庭 Fertilizer for Native Plants に続く、リン酸を嫌うネイティブプランツ向けのお手頃な肥料をお探しの方へのソリューションアイテムですよ♪ ここ数年 乙庭オンラインショップでは、プロテアやリューカデンドロンなど南アフリカ原産オーナメンタルプランツや、バンクシアやグレビレアなど他の大陸の植物にはないような独自の不思議造形に進化したオーストラリア原産のネイティブプランツなどをガーデン植栽に取り入れたく、積極的にご紹介・導入しています。 これら南半球原産のネイティブプランツは、乾燥ぎみの環境にも耐え、ローメンテナンスかつオーナメンタルで装飾的な魅力に富むことから、日本の温暖地のガーデニングでも新感覚の庭植え素材として、とても有望ですよね ^^ 上写真:グレビレア エレガンス Grevillea 'Elegance' 乙庭の店頭植栽にも導入し、栽培実験も兼ねて屋外管理でこれらの植物を栽培しておりますが、多くのものが冬の極端な寒さ、夏の極端な長雨を除けば、性質も強めで比較的手間いらずに育てられます。忙しい都会人のライフスタイルにもマッチすると思います。 日本でこれらの植物を栽培するにあたり、唯一、そして大きく気になるポイントが肥料の与え方。ネイティブプランツの中にはリン酸系肥料に弱いものもあり、肥料の与え方には注意が必要となります。これらの植物の原産地では土壌に肥料分特にリン酸分が極めて少なく、そのような環境で進化を遂げてきた植物の中には、リン酸肥料が体質に合わず、リン酸を含む肥料を与えると一気に不調になり、枯れてしまうものもあります。特にプロテアやセルリアなどは、とてもリン酸分に敏感です。 写真左:プロテア ミニキング Protea cynaroides 'Mini King' 写真右:オーラックス ブロンズヘイズ Aulax cancellata 'Bronze Haze' 庭で他の一般の植物と組み合わせて植える場合も、地続きですから、ネイティブプランツにリン酸の悪影響を出さないように、どのようにお庭全体に施肥をしたらよいかか、実際のガーデニングでも頭を悩まされている方も多いことと思います。 日本の園芸市場では、ガーデニング向けの市販肥料は肥料の3要素といわれる、窒素(N)-リン酸(P)-カリ(K)をバランスよく配合したものが主流で、リン酸を含まない肥料がなかなか見つからないのが実情です。 南アフリカやオーストラリアのネイティブプランツは原生地の土壌自体がもともとやせ地ぎみであるため、リン酸のみならず全体的に多肥を好まない傾向があります。日本では、通常のガーデンプランツのようにリン酸肥料を与えて弱らせてしまうよりは、むしろ施肥をしない方が安全と言われますが、これは、日本の市場ではネイティブプランツ栽培に適切な肥料を見つけるのが難しいことを背景とした、消極的な方法論といえるでしょう。 ネイティブプランツも栄養を吸収して育つ生き物です。適切な肥料を量や成分を見極めて的確に施すことで、より元気よくしっかりと育ててあげたいですよね。 乙庭 Fertilizer for from

2018 新商品! 乙庭 Fertilizer for Native Plants ^^

今回は、2018年発売の新商品! リン酸無配合で南アフリカやオーストラリア原産のリン酸肥料を苦手とする植物にも安心してお使いいただける化成肥料 乙庭 Fertilizer for Native Plants をご紹介します ^^ リン酸を嫌うネイティブプランツ向けのお手頃な肥料をお探しの方へのソリューションアイテムでございます♪ ここ数年 乙庭オンラインショップでは、プロテアやリューカデンドロンなど南アフリカ原産オーナメンタルプランツや、バンクシアやグレビレアなど他の大陸の植物にはないような独自の不思議造形に進化したオーストラリア原産のネイティブプランツなどをガーデン植栽に取り入れたく、積極的にご紹介・導入してきました。 これら南半球原産のネイティブプランツ、乾燥ぎみの環境にも耐え、ローメンテナンスかつオーナメンタルで装飾的な魅力に富むことから、日本の温暖地のガーデニングでも新感覚の庭植え素材として、とても有望ですよね ^^  上写真:リューカデンドロン パープルヘイズ Leucadendron 'Purple Haze' 乙庭の店頭植栽にも導入し、栽培実験も兼ねて屋外管理でこれらの植物を栽培しておりますが、多くのものが冬の極端な寒さ、夏の極端な長雨を除けば、性質も強めで比較的手間いらずに育てられます。忙しい都会人のライフスタイルにもマッチすると思います。 上写真:リューカデンドロン レッドデビル Leucadendron 'Red Devil' 日本でこれらの植物を栽培するにあたり、唯一、そして大きく気になるポイントが肥料の与え方。ネイティブプランツの中にはリン酸系肥料に弱いものもあり、肥料の与え方には注意が必要となります。これらの植物の原産地では土壌に肥料分特にリン酸分が極めて少なく、そのような環境で進化を遂げてきた植物の中には、リン酸肥料が体質に合わず、リン酸を含む肥料を与えると一気に不調になり、枯れてしまうものもあります。特にプロテアやセルリアなどは、とてもリン酸分に敏感です。 写真左:プロテア ミニキング Protea cynaroides 'Mini King' 写真右:オーラックス ブロンズヘイズ Aulax cancellata 'Bronze Haze' 庭で他の一般の植物と組み合わせて植える場合も、地続きですから、ネイティブプランツにリン酸の悪影響を出さずにいかに庭全体に施肥をするか、実際のガーデニングでも頭を悩まされている方も多いことと思います。 日本の園芸市場では、ガーデニング向けの市販肥料は肥料の3要素といわれる、窒素(N)-リン酸(P)-カリ(K)をバランスよく配合したものが主流で、リン酸を含まない肥料がなかなか見つからないのが実情です。 南アフリカやオーストラリアのネイティブプランツは原生地の土壌自体がもともとやせ地ぎみであるため、リン酸のみならず全体的に多肥を好まない傾向があります。日本では、通常のガーデンプランツのようにリン酸肥料を与えて弱らせてしまうよりは、むしろ施肥をしない方が安全と言われますが、これは、日本の市場ではネイティブプランツ栽培に適切な肥料を見つけるのが難しいことを背景とした、消極的な方法論といえるでしょう。 ネイティブプランツも栄養を吸収して育つ生き物です。適切な肥料を量や成分を見極めて的確に施すことで、より元気よくしっかりと育ててあげたいですよね。 乙庭 Fertilizer for Native

Instagram

Atsuo Ohta