You are here
Home > Blog > [ Blog ] 2019 > 【お稽古事】趣味と勉強も兼ねてお花のレッスンに通いはじめました ^^

【お稽古事】趣味と勉強も兼ねてお花のレッスンに通いはじめました ^^

(写真:20190212撮影 ネコヤナギ、フリージア、スイートピーを使用)

数年間ブログおサボり状態だったので、ちょっと遡ったお話になってしまうのですが、2018年の12月から、自身の植物に関する視野を広げる学びのためと、新社屋(兼自宅)に移るのを機にライフスタイルをガラッと変えてみたいのと、自分の植物観さらに拡げアップデートしたいという想いから、趣味と勉強を兼ねて、生け花のレッスンに通っています。

(写真:20190129撮影)

↑写真は、習い始めて2ヶ月め、2019年1月後半の回で生けた作品です。このグラジオラスを使った縦長造形の作品で100点をいただきました ^^

根付きの植栽にこだわり、切り花とはずっと距離を置いてきた私が、生け花のお教室に通うようになるまでにはいろいろな意識変化や経緯もあったのですが、それも別の機会に書いていきますね。そして、これからはレッスンで生けた作品も記録として残していきたいと思います。^^

話は戻りまして、生け花のレッスンですが、ご高名なピアニスト・スーパーピアノ講師であり、草月流生け花の師範でもいらっしゃる笠原智廣先生のお花教室に入門しました。

もともとは笠原先生のピアノアカデミーで不定期で開催されるピアノリサイタルがいつも素晴らしく、何回か通わせていただいているうちに、お花教室も主宰していらっしゃることを知り、習い始めることにしました。

View this post on Instagram

昨日の#華道レッスン 🤗✨ ・ ご高名なピア二ストでもあり、#草月流 の生け花の師範でもある#笠原智廣 先生の花教室に通い始めて2か月め✨ 今日のお花レッスン記録🤗✨ 1作目は自由なスタイルで、その後は縦長か横長か斜めのラインが課題。私が生けた2作。全員が同じ花材で、器を変えたりして各々の感性で生けました。 ・1枚めはフリースタイルの作品、🤗✨2枚めは縦長ラインをテーマにした作品。2作目が、先生に100点をいただきました‼️ めちゃ嬉しかったです🎶🤗✨ ・ #華道 #華道レッスン #お花レッスン #お花レッスン記録 #笠原智廣花教室 #フラワーアレンジメント #flowerarrangement #flower #florist #花のある暮らし #花のある生活 #lifewithflowers #華道 #いけばな

A post shared by Atsuo Ota (@acidnature0220) on

笠原先生のお教室が乙庭新社屋移転先と同じ前橋市市内にあり、仕事をしながらでも無理なく通えるのもありがたいですし、なによりも、お花だけでなく音楽や食にも精通していらっしゃる先生の幅広い世界観に接することができるので、単にお花を学んでいるのとは違う「ハイブリッドな教養」が得られ、毎回新鮮な刺激と学びをいただいております。

同じクラスの他の生徒さんもいろんな職種のキャラ濃い方々揃いで、皆さんとのおしゃべりも面白く、私にとっては楽しい社会勉強の場にもなっており、いろんな面で「入門してよかったなぁ」と実感しています。

View this post on Instagram

今月から、ピアノ講師としてもご高名な#笠原智廣 さんの#草月流 お花レッスンに通い始めました🤗✨ 前回の体験レッスンから、今回で2回目。生徒みなさんが同じ花材を使って、投げ込みや剣山生けなど、数バージョンの作品を作ります🎶✨ 私は作庭では真っ白の花をほとんど使わないので、普段使わない素材をいかに使うかのよいトレーニングになります😊✨ 白いストックや赤のガーベラなど、普通な素材ほど、引き立つように使うのが本当に難しいです💦 同じ花材をどのように使うか、他の生徒さんの作品も素晴らしく、たくさんのインスピレーションや学びをいただきました😊✨ 写真は、今回初めてチャレンジさせていただいた剣山生け。後半の2枚は投げ込みの作品です😊✨ 剣山生けの作品は、教室で聴かせていただいた、笠原先生演奏の #エリックサティ #グノシエンヌ に#UAさん の「泥棒」 の歌詞朗読を併せた録音のイメージで生けてみました。 ・ 舞台の中央に捨てられた裸の心臓 ジャバラなあたしがめくられてく お化け 怪獣 悪魔 泥棒 ・ 不埒なあなたが舌を出す 誰か どうか お構いなく 彼を あいつを 消して 檻に入れて とかげ らくだ きりん 泥棒 ・ ・ #華道 #華道レッスン #お花レッスン #お花レッスン記録 #笠原智廣花教室 #フラワーアレンジメント #flowerarrangement #flower #florist #花のある暮らし #花のある生活 #lifewithflowers #華道 #いけばな

A post shared by Atsuo Ota (@acidnature0220) on

現在のレッスンは、まずは流派的な形式にとらわれず、いろんな技法や魅せ方の勘所を教えていただきながら、毎回、全員に同じ花材が与えられ、各々が花器や生け方を変えて3バージョン自由に生けて、先生に講評いただくようなスタイルです。普段の生活の中で、自分で考え独創的に花を飾れる素養が身につくので、とても実用的なレッスンスタイルと思います。

(写真:20181214撮影)

ちなみに↑の赤いガーベラを使った作品は、通い始めて2回目に生けたもの。はじめたばかりで生けた割にはキャラの立った作品になったと思います。ちょうどこの回の話題で、先生が教えている音大で行われたスタジオ収録演習授業で、詩の朗読に合わせて先生がエリック・サティのグノシエンヌ第1番を演奏したというお話をしていて、その音源を聴かせていただいていたんですね。その録音からのインスピレーションで生けました。

 

その詩ですが、「舞台の中央に捨てられた裸の心臓」、「蛇腹な私がめくられてく」、「不埒なあなたが舌を出す」など、独特の不気味さ不吉さを漂わせる語彙が散りばめられていて、なんだか聞きおぼえあるなぁ、なんて考えていたら、歌手UAさんの「泥棒」だと思い出しました(アハ体験ですね)。

「泥棒」(2002)は、UAさんのアルバムタイトル曲でもあり、UAさんの歌はもちろん、ジャケ写から歌詞の独特の世界観にいたるまで徹底的な統一感があり、UAさんの作品の中でも特にアーティスティックな傑作のひとつです。アルバムの完成度もとても高いのですが、私的には、なんといってもシングル「DOROBON」に収録されている岸田今日子さん朗読による「独白」バージョンが大好きでお気に入りでした(紙ジャケのアートワークも素晴らしいです)。

 

笠原先生のグノシエンヌ伴奏付き朗読バージョンは、「独白」の真夜中っぽい世界観が見事に再現されていて、とても刺激的でした。

ちなみに、私の最近のグノシエンヌ愛聴盤は、高橋悠治さんによる新録音の方(2017)です。


高橋悠治さん1976年録音盤と比較して聴いてみても面白いですね。

ちょうど、新社屋(兼自宅)への引っ越しに際して、手持ちのアナログレコードやCD(約5000枚 ^^;)を全て断捨離下取りに出した直後で、「泥棒(アルバム)」「DOROBON(シングル)」ももう私の手元にはなく、ちょっと悔やまれましたが、モノへの執着を断たないと家は片付かないので、これでよいのでしょう。今日はamazon music unlimitedで聴き直しました。物体として所有しなくても音楽を楽しめるようになり、便利な時代ですね。めでたしめでたし。 ^^

ちなみにアルバム「泥棒」の中での私のお気に入りは、「記憶喪失」と「泥棒」、そしてベストが「瞬間」です。「瞬間」の歌詞、切なすぎる感情の機微を象徴的な物語に昇華していて、素晴らしいとしかいいようがないです。

そんなこんなで、音楽の方に話が脱線しましたが、ピアニストであり華道家でもある先生のもと、古典芸能のカタにはまり過ぎず、イマジネーション豊かにお花を楽習させさていただいています。^^

 

 

「 住する所なきをまず花と知るべし。(※)」

(世阿弥 猿楽師・能楽師 1363 – 1443推定)

※「同じ場所で留まるのではなく、常に変化し続けることが芸の美しさの本質である。(現代語訳)」

 

 

私、ACID NATURE 乙庭 太田敦雄の著作本、

「刺激的・ガーデンプランツブック」(エフジー武蔵刊)好評発売中でございます ^^

乙庭オンラインショップで著者サイン入り版を販売しております😀

サイン入りのバージョンは乙庭オンラインショップでしか手に入りませんよ^^ 送料がかかりますが、植物苗といっしょにご購入いただく場合、
⇒ 乙庭オンラインショップのページはこちら

本書だけをお求めの場合は、
amazonさん楽天ブックスさんなどのネット通販か、全国の書店にて、ぜひ‼️✨✨



Similar Posts

コメントを残す