You are here
Home > Blog > [ Blog ] 2019 > 【お稽古事】華道レッスン新展開!師範への道 ^^

【お稽古事】華道レッスン新展開!師範への道 ^^

(写真:2019409撮影 ツツジ、コデマリ、ヤマブキなどを使用 乙庭副代表 松島作)

つい先日の記事で、2018年末から趣味と勉強もかねて、ピアニストで草月流華道師範でもいらっしゃる笠原智廣先生のお花教室に通い始めたことを書きました。

View this post on Instagram

今週のお稽古ごと。#華道レッスン 🤗✨ ・ ご高名なピア二ストでもあり、#草月流 生け花の師範でもある#笠原智廣 先生の花教室でのお花レッスン記録🤗✨ ・ 今回は#ツツジ や#ヤマブキ が特徴的な素材でした。全員が同じ花材で器を変えたりして各々数作品生けました。 ・ 私の作品 1作目 写真1〜2枚目は、花材をフル動員して華々しく生けた作品。 2作目 写真3〜4枚目も、花材全てを使って、2口の花器を使って大きく生けました。 1作めの作品で、先生から100点をいただきました‼️ちなみに2作目の大きな作品も先生にもお褒めの言葉をいただき、めちゃ嬉しかったです🎶🤗✨ ・ #ツツジ #コデマリ #ヤマブキ #華道 #華道レッスン #お花レッスン #お花レッスン記録 #笠原智廣花教室 #フラワーアレンジメント #flowerarrangement #flower #florist #花のある暮らし #花のある生活 #lifewithflowers #華道 #いけばな

A post shared by Atsuo Ota (@acidnature0220) on

↑20190409のレッスンでの私の作品。

これまで数ヶ月受けてきたレッスンでは、流派の型に縛られず、生徒が自由にお花を生けて先生に講評とご指導いただく形式が主でした。なので、笠原先生のお教室は、生徒の独創性と自由度を重視するスタイルなのだなと私自身、勝手に思い込んでいたのですが、先生に訊いてみたところ、同じクラスで、別課程で流派の型を勉強して師範を目指すこともできるとのこと!

(写真:2019409撮影 太田作)

ならば、やはり「道」の深みを体得していきたいので、5月からは師範課程を学んでいくことにいたしました。^^

弊社副代表の松島も「師範を目指せるなら学んでみたい!」とのことで、松島も笠原先生に入門することとなりました。てなわけで、私が視野を広げたくて趣味で始めた華道レッスンですが、急遽「華道師範への道」へと新展開です。^^

4月から松島も通い始めまして、初回は体験レッスンということで、自由花を3作品生けました。とはいえ、生け花は全く初めての松島、初回から1作は剣山生けにも果敢に挑戦していました!チャレンジャー気質は乙庭の社風なのかもしれないですね ^^

View this post on Instagram

#今週のお花🤗✨💐 お花を扱う仕事をしていますが、芸術性を磨きたいと思い、草月流の華道レッスンを受けて来ました😆 笠原智廣先生の的確なアドバイスにより、なんとか同じ花材で3作品仕上げられました😅1枚目は初めての剣山生け、2・3枚目は100点を頂いた作品です🤗💯お花の顔の向きやバランス、空間の作り方など一度に考えるのは難しかったですが、とても勉強になりました。これから師範を目指して頑張りたいと思います✨持ち帰った花材で、忘れないように復習致しました💐 #華道 #草月流 #flowerarrangement #flower #flowers #フラワーアレンジメント #花のある暮らし #花のある生活 #lifewithflowers #キンギョソウ #ダイアンサス #バラ #ヤマブキ #ツツジ

A post shared by Tetsuo Matsushima (@pincony0220) on

松島が初レッスンで生けた第1作目がこちら!

初めてとは思えない堂々とした作品ですね ^^

そして、↑写真、初日の3作品めで100点をいただきました!初回での100点はなかなかの快挙なんですよ ^^

 

(写真:20190129撮影 乙庭新社屋にて)

持ち帰った花材も、翌日にはリアレンジして復習をしていて、勉強熱心な松島でございます(確実に私よりもマジメな性格で偉いっ! )。

ちなみに私がレッスンで使っている花ハサミが、刃までオールブラックの業務用モデルなのですが、教室で「カッコいい!」と意外と好評だったのでご紹介しますね ^^

アルスコーポレーション 業務用花はさみフルール(ブラック)
楽天市場

 

見た目だけでなく使い心地も良好です。価格もちょうどいい感じではないでしょうか。

 

お花を習い始めて改めて思ったのは、単体のお花もそれぞれが既に美しいものですが、華道は、それらを統合して世界観を表現する「芸」と、美的バランスを作り出す「術」が織りなす空間演出の体系なんですよね。

もう少しメタな視点で花を生ける行為を抽象化してみると、「美意識を研ぎ澄ませて、表現としてアウトプットする」ってことなので、園芸にも建築にも、料理や部屋のしつらえなど、生活全般に応用できる智慧だと思います。頭に思い描いた「美しい」を具現化できる能力。カネやモノでは満たせない質の「人生の豊かさ」を与えてくれるものだと思います。

師範を目指して、「道」を深めていくとなると、凛とした集中力も養えますし、得られる学びや思考力は人生のいろんな場面で使えるチカラになりますよね。

趣味で習い始めた華道ですが、これからは、楽しみながらもより深度を増して、「華道師範への道程」をレポートしていきたいと思います ^^

 

「求道すでに道である」

(宮沢賢治 詩人・作家 1896 – 1933)

 

 

私、ACID NATURE 乙庭 太田敦雄の著作本、

「刺激的・ガーデンプランツブック」(エフジー武蔵刊)好評発売中でございます ^^

乙庭オンラインショップで著者サイン入り版を販売しております😀

サイン入りのバージョンは乙庭オンラインショップでしか手に入りませんよ^^ 送料がかかりますが、植物苗といっしょにご購入いただく場合、
⇒ 乙庭オンラインショップのページはこちら

本書だけをお求めの場合は、
amazonさん楽天ブックスさんなどのネット通販か、全国の書店にて、ぜひ‼️✨✨



Similar Posts

コメントを残す