You are here
Home > Blog > [ Blog ] 2019 > 乙庭新社屋に自作の黄金色コーヒーテーブルを設置しました ^^

乙庭新社屋に自作の黄金色コーヒーテーブルを設置しました ^^

(写真:20190510撮影)

乙庭新社屋の2〜3階は私の自宅兼デスクワーク用オフィススペースなのですが、2階のリビングダイニングルームに、自作の「黄金」コーヒーテーブルを設置してみました ^^

枕木を真っ金々に塗装いたしまして、ただ置いてみただけなんですが、たいへん金塊チックで存在感満点のコーヒーテーブルになりました。皮肉なアートっぽさが効いた雰囲気に仕上がり、とても気に入っています。

このテーブルなんですが、改装前からこの家にあった枕木を再利用して作りました。枕木のように断面の大きな木材は、こちらの地域だと、燃えるゴミや粗大ゴミでは出せず、意外と処分しにくいものなんですね。

(写真:20190106撮影)

業者さんを手配して処分費を払って捨てるくらいだったら、何か使い道があるかなと考え、建物の設計段階でゴッツいコーヒーテーブルとしてリサイクルするアイデアを温めていました。

乙庭新社屋のインテリアは、「既存のインテリアを全て銀色に塗り込めて石化させる」とか、「金属のような照明」、「琥珀のように透明な色彩塗装」など、鉱物のイメージも多く盛り込んでいます。「過去にいったん封をする」ことのメタファーとしての表現です。

この廃材枕木も、この家では「過去」に属するもの(=塗りこめるべきもの)です。これをどうしたらよいものかとぼんやり枕木の量塊感あるテクスチャー(実際とても重い ^^;)を眺めていたら、「金色に塗ったら巨大な延べ棒みたいで面白いかな」と、悪戯っぽくひらめいてしまいました。^^

(写真:20190106撮影)

新社屋の全コンセプトから地続きで理屈っぽく考えると、色の選択肢としては銀色が妥当と捉える向きもあるのですが、あえての直観優先で金色案を貫きました。

理屈じゃなく直観での判断や選択が、結果に多様性や差異を生み出す要因になるのかな、と最近よく思うんですよね。私は、理論として強いけど感覚的に面白いと思えない選択肢よりは、全体のコンテクストから外れさえしなければ、多少感覚的であっても直観的に「自分が面白いと思える」選択をすることが多いです。私の場合は直感的に決断を下したときの方が、経験上成功率が高いので、ある程度勘に頼るのも、私には性に合ってるのかなと思います。普通にその方が楽しいですよね(ここ重要 ^^)。

(写真:20190512撮影)

限りある人生ですから、実現させたいこと・体験したいことがあるのに、それをしないのはとても損で悔いの残ることになると思うんですよね。

 

あ、今回もちょっと長くなってきましたので、この辺で一息。^^ 今聴いているBGMをご紹介します。

ジャック・ルヴィエ演奏によるドビュッシー「映像 第1巻、第2巻」です。

ドビュッシーの「映像」は、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ版(至高)を筆頭にいろんな人の演奏を長年聴いていますが、最近はこのジャック・ルヴィエ版もよく聴いています。洒脱な、いい意味での力の抜けた演奏で、とてもくつろいだ気分になれます。

 

では、コーヒーテーブルの件に話を戻します。^^ 黄金色の塗料は、3階床で使った余りを使って塗ったので、このテーブル塗装用で新規に買った材料はなく、ほぼ私どもの知恵と時間と手間だけを使って制作しました。

View this post on Instagram

#乙庭新社屋工事現場日記 🤗✨ 今日は、最初捨てるつもりだったけど、なんか化けそうかもと思い返し、再利用することにした枕木を黄金に変化(へんげ)塗装😊✨ 枕木のマッスなボリュームと荒々しい木目の質感を残しつつ、黄金色に変化して、面白い感じになりました🎶✨ 組み合わせて設置して、コーヒーテーブルにしようかと思っています😊✨ ・ #acidnature0220#acidnature乙庭 #乙庭 #建築 #建築デザイン #建築家 #建築家とつくる家 #建築家住宅 #architecture #architectures #architecturephotography #architecturelovers #建築好き #建築好きな人と繋がりたい #リノベーション #リノベーション事例 #リノベーション記録 #リノベーション住宅 #リノベ #乙庭新社屋

A post shared by Atsuo Ota (@acidnature0220) on

面白いチャレンジである一方で、私的には「今まで見たこともない」黄金色のゴッツいテーブルをリビングのど真ん中に置くことになるので、正直、実際配置してみるまで「上手くキマるかなぁ」とちょっと心配な部分もありました。一歩間違えたらすごくダサくなりそうな攻め感なので ^^;

実際、年始に枕木を塗装したものの、今まで「なんとなく見るのがコワくて ^^;」今頃になっての設置となりました。まぁ、失敗しても「まぁ、こういう感じになるんだな」という経験値は得られるし、手間はかけましたがコストはさほどかかってないので、面白さ優先で踏ん切りをつけ、設置に着手。^^

6本ある枕木をいろんなパターンで組み合わせてみて、5本を使った↓の最終形に落ち着きました。シンプルですがずっしりゴージャスな量塊感でなかなかいいなと思いました。

View this post on Instagram

#乙庭新社屋工事現場日記 🤗✨ 廃材の枕木を黄金色に塗って置いただけの#コーヒーテーブル ✨✨ いくつもの組み合わせパターンを試しましたが、このバージョンが一番、金塊感があって良いかなと思いました。捨てる予定だった元ゴミが、なんだかファビュラスアートな感じになりましたね😊✨✨ ・ #acidnature0220#acidnature乙庭 #乙庭 #建築 #建築デザイン #建築家 #architecture #architectures #architecturephotography #architecturelovers #建築好き #建築好きな人と繋がりたい #リノベーション #リノベーション事例 #リノベーション記録 #リノベーション住宅 #インテリア #インテリアデザイン #インテリアコーディネート #interiordesign #interior #乙庭新社屋工事 #太田敦雄

A post shared by Atsuo Ota (@acidnature0220) on

真っ金々のテーブルですが、意外と大人っぽい落ち着いた雰囲気があり、床色の青〜緑色との相性もとてもよく似合って、彫刻作品のようなオブジェ感も出ましたね ^^

ともあれ、黄金コーヒーテーブルと、以前から使っているニトリさんの「お値段以上」な赤いソファを設置して、夕食後とかにリビングでゆったりくつろげるようになりました(今まで、広いリビングのピアノと円形ダイニングテーブルしかなかったので ^^;)。

新社屋の塗装は「飲み物」と意外に相性が良く、グラスに注いだ液面やグラスの曲面に現れるイリディセントな色合いがとても不思議で楽しいんですよ。

View this post on Instagram

#乙庭新社屋工事現場日記 🤗✨ 昨日設置してみた廃材枕木の黄金#コーヒーテーブル で生活感テスト✨✨やっすいロゼのスパークリングワインを注いで視覚効果試してみました。液面やグラス🥂の表面に現れる色彩がめちゃ絵画的で楽しいです😊✨✨ ・ #acidnature0220#acidnature乙庭 #乙庭 #建築 #建築デザイン #建築家 #architecture #architectures #architecturephotography #architecturelovers #建築好き #建築好きな人と繋がりたい #リノベーション #リノベーション事例 #リノベーション記録 #リノベーション住宅 #インテリア #インテリアデザイン #インテリアコーディネート #interiordesign #interior #乙庭新社屋工事 #太田敦雄

A post shared by Atsuo Ota (@acidnature0220) on

1階のNEW乙庭ショップの内装もベースの銀色がほぼ塗り終わり、これから床などを着彩する工程に入ります。工事進行最新状況は逐次私のインスタアカウントにも投稿していきますので、どうぞお楽しみに! ^^

また、建築雑誌「GA HOUSES 世界の住宅 163 PROJECT 2019」にも乙庭新社屋プロジェクト(建築作品としてのタイトル「覆(おおい)」)の模型写真や寄稿文などが掲載されています。ぜひそちらも併せてチェックしてみてくださいね ^^

 

「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし」
(宮崎駿 映画監督・漫画家 1941〜)

【今日の一冊 ♪ (とはいえ全2巻 ^^;)】

「風の谷のナウシカ」(豪華装丁本全2巻)(徳間書店)宮崎駿

 

私、ACID NATURE 乙庭 太田敦雄の著作本、

「刺激的・ガーデンプランツブック」(エフジー武蔵刊)好評発売中でございます ^^

乙庭オンラインショップで著者サイン入り版を販売しております

サイン入りのバージョンは乙庭オンラインショップでしか手に入りませんよ^^ 送料がかかりますが、植物苗といっしょにご購入いただく場合、
⇒ 乙庭オンラインショップのページはこちら

本書だけをお求めの場合は、
amazonさん楽天ブックスさんなどのネット通販か、全国の書店にて、ぜひ

Similar Posts

コメントを残す