You are here
Home > Blog > [ Blog ] 2019 > 【お稽古事】華道教室、今週のレッスン記録 2019年9月10日

【お稽古事】華道教室、今週のレッスン記録 2019年9月10日

2019年4月から私と乙庭副代表の松島ともども師範への道を歩み始めた、草月流生け花のレッスン記録です。^^

(写真:20190910撮影)

季節の変わり目か前週に風邪をこじらせてしまい、病み上がりでやや本調子でなかったのですが、気合いを入れて自由花2作品、教科書に沿った型生け作品の計3作を生けました。

View this post on Instagram

今週のお稽古ごと。#華道レッスン 🤗✨ ・ ピア二ストでもあり、#草月流 生け花の師範でもある笠原智廣 先生の花教室でのお花レッスン記録🤗✨ ・ 自由花2作と、師範過程の教科書に添った型生けの計3作を生けました。 写真は今回の自由花2作です😊✨ ・ 写真1〜2枚目は、前回も使った個性的なガラスの器の可能性をより追求したくて再度同じ花器で生けた作品。#アレカヤシ で流れを出しつつ、与えられた花材の内、ピンク色のモノを除いて、熱帯的な、湿度高いちょい重めな空気感を表現しました😊✨ 3枚目の動画はこの作品で使った花器。 多色使いで金彩も施され、そして蕩けたように歪んだ造形。とても面白い器です。 ・ 写真4〜5枚目は、今回のお題「面」を意識した作品。薄平たい器の狭い側を表にして奥行き深く使い、アレカヤシの3枚の葉を奥・中・前に配し透ける葉面の3層レイヤーを作り、その間に花を生けました。奥の層の花をヤシの葉の裂け目から透かし見る趣向です。 ・ 今回はこの2作とも、先生から100点をいただきました🤗✨ ・ #華道 #華道レッスン #お花レッスン #お花レッスン記録 #笠原智廣花教室 #フラワーアレンジメント #flowerarrangement #flower #florist #花のある暮らし #花のある生活 #lifewithflowers #華道 #いけばな #ikebana #sogetsu

A post shared by Atsuo Ota (@acidnature0220) on

↑20190910のレッスンでの私の自由花2作です。

今回は、先輩の生徒さんから立派なアレカヤシ Dypsis lutescens の葉をいただき、それを主軸に作品を構成してみました。

前回のレッスンから導入された装飾的なガラスの花器がとても気になっており、1作目はその花器の個性を活かすべく生けた自由花。器の醸し出す異彩に負けないよう、アレカヤシの葉で流れを作り大胆さを重視して生けました。与えられた花材にはピンク色の花もあったのですが、本作では甘さを加えたくなかったので、あえてのピンク抜きで。この作品でまず先生から100点をいただきました! ^^

花を生けてしまうとスポットライトの影になってしまい、写真だと器が見えにくいのですが、上写真のような、色みも造形もひねったようなドロっとした流れ・動きを感じさせる独創的な花器です。

1作目の後に教科書に添った型生けを1作し、笠原先生のピアノ生徒さんご自宅で収穫された巨峰をいただき、ちょっと休憩 (光量が少なくて写真がピンボケになってました^^;)

 

ここでひと息、今日のBGM。この記事を書きながら聞いている音楽をご紹介します。MORELENBAUM2/SAKAMOTO の「 A Day In New York」(2003)。残暑から少し秋の空気が漂い始める頃合いにぴったりかなと思う、都会的洗練とリラックス感のあるボサノヴァアルバムです。

 

MORELENBAUM2/SAKAMOTOは、坂本龍一さんとJaques&Paula Morelenbaum 夫妻(vc、vo)のユニット。2000〜2003年頃にかけて、本作を含めボサノヴァ創生期の偉大なるアーティスト、アントニオ・カルロス・ジョビン(1927-1994)へのトリビュートアルバムリリースやツアーを行いました。MORELENBAUM2/SAKAMOTO によるジョビントリビュート盤というと、第1作目のアルバム「CASA」(2000)が押しも押されぬ名盤で、私の長年の愛聴盤でもあるのですが、今回は、3作目となる「 A Day In New York」を選んでみました。ピアノとチェロのみのシンプルな伴奏による「CASA」は洗練の極みとも言えますが、ツアー活動なども経てから収録された本作「 A Day In New York」は「A Day In New York」は、ギターやドラムも加わったバンド構成で、同じ楽曲でもより「ノリ」のあるセッションとなっています。慣れ親しんだメンバーで親密にセッションを楽しんでいる雰囲気があり、そういう意味では「CASA」よりもくつろいで聴ける一枚と思います。 ^^

 

お花レッスンの話に戻ります。

自由花2作目は、今回のお題「面」を表現した作品。アレカヤシの裂けた葉面を前後に3枚一列に生けて、三層の透ける面のレイヤーを作り、そのレイヤーの間に花を生け、奥の方の花を葉の裂け目から透かして見るという趣向の作品です。

この作品はなかなか思った位置に花材が止まらず、制作にやや苦戦したのですが、「半透明の面の重層」というコンセプトを高評価いただき、こちらの作品も100点をいただきました! 頑張った甲斐がありました。^^

 

View this post on Instagram

#今週のお花🤗✨💐 今週もお花教室がありました😆先生がご用意して下さったアレカヤシと、偶然にも生徒さんがご自宅からお持ち頂いた大きなアレカヤシを使った作品です。ゆるやかな曲線を描いて垂れ下がる長い葉で、とてもインパクトのあるある作品になり💯を頂きました🙇‍♂️3枚目は面を意識した作品で、アレカヤシのレイヤーの中にカーネーションを透かしてみました✨菊も使い、季節の変わり目を感じさせるようなレッスンとなりました。 #華道 #草月流 #flowerarrangement #flower #flowers #フラワーアレンジメント #花のある暮らし #花のある生活 #lifewithflowers

A post shared by Tetsuo Matsushima (@pincony0220) on

(写真:20190910撮影 松島作)

お花の話に戻りまして、同レッスンでの松島の作品がこちら↑。^^

松島の1作目は、花材をフルに使った大きな作品。アレカヤシの大きな葉が作り出す曲線と、それとは違う角度で花々の流れを作り、要素を対照的に魅せています。

自由花2作目は花材を絞り込んで、独創的な器のガラス面とアレカヤシのエキゾチックな葉面、そして花を種類ごとにまとめて色の面に見立てています。^^

レッスン終了後、生けた作品をバラして各自花材を持ち帰り、またお家で別の構成で生け直します。レッスンで作った作品は記録として写真に収めますが、作品の実物を眺められるのは、ほんの少しの間だけなんですね。花を生けていると、「生け花」との出会いというのも一期一会なのだなと感じます。

すでに断たれた命である花を、人の手でもう一度「生かす」。花道とは、美しき弔いの作法なのかもしれませんね。「生きていた」命を扱うという意識でお花に臨むと、作品にも自ずと創作者が込めたチカラが宿っていくように思われる今日この頃です。

 

 

「そう、切り取っては加え、また加えては切り取るという行いが痛々しくないのは、花を『生かす』からなのだ」

(中谷美紀 女優 1976 –  )

 

今日の一冊

女心と秋の空 (幻冬舎文庫)  中谷美紀(著)

 

 

私、ACID NATURE 乙庭 太田敦雄の著作本、

「刺激的・ガーデンプランツブック」(エフジー武蔵刊)好評発売中でございます ^^

乙庭オンラインショップで著者サイン入り版を販売しております😀

サイン入りのバージョンは乙庭オンラインショップでしか手に入りませんよ^^ 送料がかかりますが、植物苗といっしょにご購入いただく場合、
⇒ 乙庭オンラインショップのページはこちら

本書だけをお求めの場合は、
amazonさん楽天ブックスさんなどのネット通販か、全国の書店にて、ぜひ‼️✨✨



Similar Posts

コメントを残す