You are here
Home > Blog > [ Blog ] 2016 > カメリア ナイトライダー Camellia x williamsii ‘Night Rider’

カメリア ナイトライダー Camellia x williamsii ‘Night Rider’

 
2016年ももう3月!庭の植物たちの芽もふくらみ、少しずつ春めいてきましたね ^^ 今回は、大人っぽい赤黒色の小輪花がカッコよく、和洋どちらの雰囲気にも似合い乙庭でもお気に入りの春の花木、カメリア(=ツバキ) ナイトライダー Camellia x williamsii ‘Night Rider’ をご紹介します。(写真:特記なき限り20150404撮影)

20160302_2
カメリア ナイトライダーは、ニュージーランドで作出された黒花のツバキです。交配親は、カメリア ルビーベルズ Camellia ‘Ruby Bells’ と 日本原産の黒ツバキ C. japonica ‘Kuro-tsubaki’ とされています。ツバキというと、昭和の園芸植物というか、ちょっと時代外れでダサめなイメージがありますが、本種 ナイトライダーは洗練された渋い花色と品のある小輪花で、とても大人っぽい魅力満点!乙庭でも定番的にお気に入りの品種です。

20160302_3
ツバキの照りのある深緑色の常緑葉も、なんだか重苦しいと敬遠されることも多いですが、ナイトライダーは葉も小さめで濃厚な花色とのコントラストもステキです。ニューサイラン プルプレア Phormium tenex ‘Purpurea’ や ユッカ デスメティアナ Yucca desmetiana などの洋風オーナメンタル素材ともよく似合い、冬~早春の庭の見どころにもなりますね。

20160302_4
(写真:20110605撮影 ガーデン植花夢にて)

そして、ほとんど言及されることはありませんが、本種 ナイトライダーは、花後に展開する新葉も照り銅葉となりとてもカッコいいんですよ♪ 新葉の銅葉色は初夏までで、夏以降は深緑色になっていきます。こういった、あまり知られていない観賞ポイントも意図して植栽されていると、庭主の知性や見識が感じられて、植栽にグッと深みが増しますよね ^^

Similar Posts

コメントを残す