You are here
Home > Blog > [ Blog ] 2016 > ヘレボルス シルバーナイフ Helleborus ‘Silver Knife’

ヘレボルス シルバーナイフ Helleborus ‘Silver Knife’

 
今回は、これまでなかったような極上の銀白葉に、ペンで丁寧に描きこんだような芸術的な葉脈模様がカッコよすぎで、乙庭でも大切に育成している ヘレボルス シルバーナイフ Helleborus ‘Silver Knife’ をご紹介します。 (写真:全て20150305撮影)

20160318_2
ヘレボルス シルバーナイフは、ドイツのホイガー社育成による、有茎種アーグチフォリウスの系統の園芸品種です。3月上旬には開花が進んでいましたが、基本種のアーグチフォリウスほどは高く茎立ちせず、高さ20~30cm程度で開花します。

20160318_4
これまでのヘレボルスの原種系交配種でも見られなかったほど白みの強い葉色で、絵画的そして妖艶な葉脈模様も個性が際立っていますね。半日陰むけの常緑リーフプランツとして極上の逸品です!
※真冬の間に霜か午前中の直射で少し葉が焼けてしまい、完全なる美葉でお伝えできなかったのが残念です ^^;

20160318_3
原種系の交配種だけに、華々しいガーデンハイブリッド系の花モノ品種と比べるとずいぶん地味めの花ですが、葉色との組み合わせで見るととてもバランスがよいように思います。滋味深いどっちつかずのニュアンス花色。人生のように曖昧で思わせぶりで結論もない。イマジネイティブで内向的なボキャブラリーも兼ね備えた魅惑の品種ですね ^^

Similar Posts

コメントを残す