You are here
Home > Blog > [ Blog ] 2016 > コリダリス ベリーエキサイティング Corydalis ‘Berry Exciting’

コリダリス ベリーエキサイティング Corydalis ‘Berry Exciting’

今回は、羽根のような美しい黄金葉と、香りのよい上品な紫花も美しい コリダリス ベリーエキサイティング Corydalis ‘Berry Exciting’ をご紹介します。(写真:全て20160413撮影)

20160413_3

コリダリス ベリーエキサイティングは、2008年頃に輸入して以来、乙庭でもずっと愛培しているお気に入りの品種です。春のシェードガーデンで、まさに輝くようなまばゆい美葉をグランドカバー状に展開します。

20160413_6

夏の暑さが苦手で、酷暑地の群馬県高崎市ではやや夏越しが難しいですが、ここ数年でコツをつかみまして、作落ちせずに大株になりました。暖地では半日陰の環境でも葉焼けしてしまうので、完全に日陰くらいの方が成績よいです。プラス、水はけよい土に植えることで夏越しが容易となります。

20160413_7

ここまで輝くような黄金葉の植物はなかなかないですよね。葉色とよく合う紫色の花も山野草的で春先のシェードガーデンの植物たちと相性よいです。今回撮影していて気づいたのですが、この花からは、上品なお香のような芳香がします。シミシフガの花の香りをよりほのかにした感じ。

20160413_4

銀葉系のヘレボルスとの組み合わせは以前からお気に入りで乙庭定番!テッパンの激美コンビです ^^ コリダリス ベリーエキサイティングは、関東地方では夏の間 地上部が枯れて休眠し、秋にまた出葉します。枯れたと思って焦る方も多いようですがご安心を。

20160413_5

(写真右上より時計回りに)

ハイドランジア ミスサオリ Hydrangea macrophylla ‘Miss Saori’
ヘレボルス シルバーナイフ Helleborus ‘Silver Knife’
コリダリス ベリーエキサイティング Corydalis ‘Berry Exciting’
ベリーエキサイティングが休眠中の夏には、ミスサオリの黒葉が展開し、ヘレボルス シルバーナイフの白銀葉とのコンビネーションとなります。

 

黄金律はないということが黄金律である。
ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw 1856 – 1950)

 

Similar Posts

2 thoughts on “コリダリス ベリーエキサイティング Corydalis ‘Berry Exciting’

  1. コリダス ベリーエキサイティング、素敵な品種ですね。
    だいぶ前にそちらで購入させて頂きましたが、残念ながら育てられませんでした。
    機会がありましたら、またお取り扱いのほどよろしくお願いいたします。

  2. コメントありがとうございます。ベリーエキサイティングは夏の暑さに弱く、関東平野部以南では、日陰で水はけ風通しよく管理しないと夏越しが結構難しいです😊 年間でも輸入適期がかなり短く、ここ数年、タイミングを逃してしまっているのですが、素晴らしい品種なので、また機会がありましたら輸入してみたいと思います🎶

コメントを残す