You are here
Home > Blog > [ Blog ] 2017 > 2017 年頭のご挨拶など ^^

2017 年頭のご挨拶など ^^

明けましておめでとうございます。2016年もACID NATURE 乙庭 および全くマメに更新できなかった本ブログをご愛顧いただき、ありがとうございました ^^  本年も、懲りずにどうぞよろしくお願い申し上げます♪

2017年は、初詣のおみくじも大吉で、幸先よいスタートが切れました!また、今年こそは週に数回はブログ更新できますよう、神前にてゆるく誓いも立ててまいりました ^^;   (写真:20161231、20170101撮影)

20170102%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%bf%e3%81%8f%e3%81%984

2016年末は、急ぎ&ボリューム満点の執筆仕事がありまして、乙庭の店舗業務は例年よりも早くから年末年始休業に入らせていただき、大晦日の夕方まで引きこもりで作業に集中しておりました(年明けも引き続き作業残っているんですが ^^;)。

大晦日夕方ギリギリまで仕事してから、バタバタと身支度を整えて伊香保温泉へ。年越しは、プライベートでも仲良くしていただいている伊香保温泉のホテル木暮さんで、一年の疲れをしっぽりおまとめで癒しました ^^

20170102%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%bf%e3%81%8f%e3%81%986

いつも年末は家でのんびり過ごしていたのですが、お泊りで過ごす年越しも気分が華やいでいいですね。ホテル木暮さん、とても広いお部屋&くつろぎの温泉、アンドお料理も大充実で、心も身体もめちゃリフレッシュできました!年明けの瞬間には花火も上がり、ニューイアー気分満点でしたよ^^ とてもくつろいでステキな年末年始を過ごすことができました♪ ^^

 

元旦は、毎年恒例の榛名神社さんへの初詣!私的には精神的に欠かせないイベントでございます ^^

20170102%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%bf%e3%81%8f%e3%81%983

榛名神社さんは、榛名山の奥まった場所にあり、巨岩や古木、渓流など、まんまの自然が作り出す景観・奇観が圧倒的!境内の空気も凛と張りつめて清清しく、とても神々しいパワースポットです ^^ 毎年の初詣では、前年に成したことや一年の抱負を報告・祈念し、気持ちをリセットしています。とてもひっそりした山奥に位置する神社なのですが、パワースポットとしての知名度が年々上がっているようで、ここ数年は初詣もごったがえすような参拝客の多さです。

20170102%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%bf%e3%81%8f%e3%81%985

榛名神社さんの本殿は御姿岩(みすがたいわ)と呼ばれる、落ちそうで落ちない微妙なバランスを保った岩に食い込んで建てられています。御姿岩は、神が降臨する・あるいは神本体であるとされる、榛名神社を象徴するたいへん神秘的な岩。今にも動き出しそうな巨大生物的な御姿で、神々しい威厳と畏敬の念を感じさせますね。

20170102%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%bf%e3%81%8f%e3%81%987

本殿へと上がる手前にある双龍門。巨岩の合間に石段が設けられ、建築とはまた違う、自然が生み出す造形的空間を通り抜ける体験も榛名神社を訪れる楽しみのひとつです。

 

そして、毎年欠かさないおみくじ♪ 昨年に引き続き、2017年も大吉でした^^

20170102%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%bf%e3%81%8f%e3%81%982

私的には、2017年のキーワードを漢字一文字で「組」と決めていたのですが、それにほぼ近い内容のくじが出て、気持ちがさらに引き締まりました。

乙庭を開業してからこの5年半は、主に私と乙庭副代表さまだけでさまざまな意思決定や会社運営をしてきましたが、いよいよ事業規模も成長してきて、少人数でこなせることの限界が見えてきました。今後は、企業としての乙庭の組織強化や、生産者さんとの連携など、ひとと組んで、より大きなことを成していくステージになりそうです。また、2年ほどお休みしてきたガーデンデザインも再開しました。建築家や意欲的な施主さまと創造的なコラボレーションで新しい植栽概念を発信していきたいと思っています。

そして、今、2017年春に発売予定の、乙庭好みの植物や植栽での使い方などを紹介する本を執筆しています。園芸には、植物単体を愛でる楽しさもありますが、今回の本は、単体のおもしろさだけでなく、植物を組み合わせることのクリエイティブな楽しさや意味を重視して書かれています。植物と植物を組み合わせることで生まれる世界観は無限で、他の誰でもない庭主自身のオリジナリティを反映させることができますよね。

人と人、人と植物、植物と植物… さまざまな「組」から生まれる化学反応を注視しつつ、2017年を前進していきたいと思います ^^

Similar Posts

コメントを残す