You are here
Home > Blog > [ Blog ] 2017 > CAPELLI hair design さんの店頭植栽

CAPELLI hair design さんの店頭植栽

またもや長いことブログ更新をお休みしてしまい、ひさびさの投稿です😅 植物の写真や動画などは、Instagramの方が即時的にUPでき便利で、インスタではコマメにUPしていたのですが、やはりアーカイブ性が生み出す「系」の厚みや、ビジュアルだけでなく言葉も含めて表現させ得る世界観として、ブログでの記録をしていこうと、心を入れ替え、ブログも綴っていきたいと思います。

今回は、2017年夏にデザイン・植栽させていただいた、群馬県高崎市のCAPELLI hair design さんの店頭植栽をご紹介します。(写真:全て20170828撮影)

まずは、完成後の全体像から。

スタイリッシュなヘアサロン・建築のイメージをよりエンハンスできるよう、また、施主さまが美容室運営をしていく中で、植栽の手入れ・メンテがご負担にならないよう、乾燥地系の植物を中心にバランスや配置を慎重に定めて植栽しています。ユッカ ロストラータ や アガベなど、北アメリカ系のロゼットオーナメンタルプランツは、近年では植栽に多用されがちで、上手に使わないと、ベタで一辺倒な植栽になってしまいやすいです。組み合わせる植物を工夫して、しっかりとオリジナリティを表現することが大切で、私的にも最近はこれら人気者プランツを使用するときは、とても思慮を要します。今回の植栽でも、北アメリカ原産に偏ることなく、オーストラリアやアフリカ、アジアの植物なども合わせて多国籍に、そして葉の質感や形などにも多様性を持たせて、この場所に生まれた新しい植生観を表現しています。

 

も少し詳細に各部を見ていきましょう。

エントランスへのアプローチ側は、アガベ アメリカーナ バリエガータから始まり、バーゼリア ラヌギノサ、ユッカ ロストラータ、 オプンティア sp. (ほぼ棘ナシのウチワサボテン)、

そしてブラキキトン ルペストリスの彫刻的な幹へといろいろな個性的形状・質感の植物が現れます。

 

続いて正面〜隣地境界側を見てみます。

正面には最前列の植物の後ろにアイアン製の柵状の看板が設置させる予定で、その看板の足元にあしらうイメージで背の低い植物を配置しています。

這性のコニファーを思わせる、バンクシア バースデイキャンドルを、岩場のハイマツのように。

そして、私的には本植栽のちょっとした見せ場である、昭和っぽさ漂うキダチアロエ! アロエ アルボレスケンスを象徴的に配しました。キダチアロエは、冬の耐寒性がやや心配だったのですが、あえてのチャレンジです。周辺地区での植栽事例観察や知人の園芸家の方々へのリサーチも経て、慎重に導入を決めましたが、日照や北風の当たり具合など、複雑な環境要因で、この場所では越冬できないことも考えられます。強く傷んだ場合は耐寒性種に入れ替えることも踏まえての実験です。

隣地境界側には、アカシア ポダリリィフォリア や グレビレア バンクシィなど、オーナメンタルさとワイルドさを兼ね備えた、将来的にある程度大きく育つ樹木を配し、雑多な周辺の景色を遮蔽してサロンの世界観をより際立てるよう、つとめました。

 

ちなみに、施工初期段階での様子も ^^;

なんだか雑然としてますね〜💦 今回のように「間(ま)」のある植栽プランの場合、植物の並び順と配置バランスが仕上がりの印象に大きく影響します。図面でも十分以上に検討を重ね、現場でも植物の向きや角度など慎重に微調整しながら仕上げていきます。工事開始時の雑然して無秩序な状態から、同じ植物をある意思に添って配置するだけで、共存のバランスが生まれ秩序と意味のある唯一空間となるところに、植栽家の「術(じゅつ)」の醍醐味があるなぁ、と思っています。

 

(写真右奥から時計回りに)
アカシア ポダリリィフォリア Acacia podalyriifolia
グレビレア バンクシィ Grevillea banksii
ピットスポルム トビラ バリエガータ 

Pittosporum tobira ‘Variegata’

アロエ アルボレスケンス 

Aloe arborescens

バンクシア バースデイキャンドル Banksia spinulosa ‘Birthday Candles’
アガベ アメリカーナ バリエガータ 

Agave americana ‘Variegata’

バーゼリア ラヌギノサ 

Berzelia lanuginosa

ユッカ ロストラータ 

Yucca rostrata

オプンティア sp. 

Opuntia sp.

ブラキキトン ルペストリス 

Brachychiton rupestris

 

 

 

空間とは、同時存在の秩序である

ゴットフリート・ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz 1646 –  1716

 

私、ACID NATURE 乙庭 太田敦雄の著作本、

「刺激的・ガーデンプランツブック」(エフジー武蔵刊)好評発売中でございます ^^

乙庭オンラインショップで著者サイン入り版を販売しております😊

サイン入りのバージョンは乙庭オンラインショップでしか手に入りませんよ^^ 送料がかかりますが、植物苗といっしょにご購入いただく場合、
⇒ 乙庭オンラインショップのページはこちら

本書だけをお求めの場合は、
amazonさん楽天ブックスさんなどのネット通販か、全国の書店にて、ぜひ‼️✨✨

 

Similar Posts

コメントを残す